棚卸資産|TMK記帳代行サービス

棚卸資産

 

棚卸資産とは、売却前または使用する前の在庫資産の事を言います。
棚卸資産にはいくつか種類があります。
計算方法もいくつかありますが、ここでは割愛させて頂きます。

 

原材料

製造前の材料です。(飲食業なら食材、製造業なら鉄や木材など)

 

仕掛品

製造途中のものです。

 

製品

売却できる状態の完成品です。

 

商品

仕入れた商品で売却前のものです。

 

貯蔵品

社内で使用する消耗品等のうち未使用のものです。(梱包資材、切手、印紙、パンフレットなど)

 

 

棚卸は原則、決算期に一度だけ計算すればよいことになっています。
しかし、毎月棚卸をしないと、毎月の試算表で正しい利益を把握することができません。
だいたいの金額でもよいので、各月の棚卸残高を把握しておくことをおすすめします。
棚卸しは多ければ多いほど利益が増えます。

 

ちなみに消費税は税込経理方式を採用している場合は税込、税抜経理方式を採用している場合は税抜で計算します。

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ