株式会社と合同会社の違い|TMK記帳代行サービス

株式会社と合同会社の違い

合同会社の設立数がここ数年で急激に増えています。
理由の一つに近年の所得税の増加傾向、法人税率の減少傾向が挙げられます。
ではなぜ株式会社ではなく、合同会社なのでしょうか。
下記に株式会社と合同会社、個人事業の違いを大まかにまとめてみました。

 

 

株式会社

合同会社

個人事業

設立費用

高い

安い

なし

役員の任期

2〜10年

なし

なし

公告義務

あり

なし

なし

責任

有限責任

無限責任

無限責任

代表者名称

代表取締役

代表執行役員

なし

社会的信頼

高い

普通

低い

税法

法人税法

法人税法

所得税法

 

上記以外にも相違点は数多くありますが、経営者として特に注意すべき点をまとめました。
合同会社は株式会社と個人事業の中間的な存在で非常にフットワークが軽いのが特徴です。
なぜ法人を設立するのかを考えた際、株式会社と合同会社どちらを選べば良いのか見えてきます。
取引先からの信用、社会的信用を得るために法人を設立するならば株式会社、
個人事業で高い税金を払っていたので、節税目的のみで設立するならば合同会社をおすすめします。

お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ