雑所得|TMK記帳代行サービス

雑所得

 

雑所得とは、一時所得に当てはまらない所得を言います。

 

具体例

・国民年金などの公的年金等
・生命保険契約の年金
・非営業用貸金の利子
・印税
・講演料
など

 

計算方法

公的年金等の場合
公的年金−控除額

 

控除額
・65歳未満の場合70万円
・65歳以上の場合120万円
控除しきれない場合はマイナスにはならず、0円になります。

 

公的年金等以外の場合

雑所得=収入金額−必要経費

 

計上時期

公的年金等の場合・・・支給日

 

申告義務

雑所得以外の所得が給与所得のみで、かつ、雑所得の金額の1/2が20万円以下の場合は、確定申告をする必要はありません。

 

確定申告不要制度

公的年金等の収入金額が400万以下で、かつ、他の所得が20万円以下の場合は、確定申告をする必要はありません。
ただし、年金から天引きされている所得税、介護保険等の金額によっては、確定申告をした方が税金が安くなる場合もあります。

 

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ