固定資産税|TMK記帳代行サービス

固定資産税

 

固定資産税とは、所有している土地・家屋など不動産に課される税金です。

 

課税の時期

1月1日現在、所有している不動産に対して課されます。

 

納付先

不動産の所在する市区町村に納付します。

 

納付時期

毎年4月頃に納付書が送られてきます。
全納もしくは4期にわけて納付します。
4期それぞれの納付期限は自治体のより異なります。

 

計算方法

賦課(ふか)課税方式
納税者が申告するのではなく、自治体が税額計算を行い納税者に通知します。

 

税率

固定資産税評価額×1.4%

 

固定資産税評価額

固定資産税評価額は土地の公示価格の7割程度とされています。
固定資産税評価額の明細は、その不動産が所在する市区町村で取得(有料)できます。

 

期限内に納付ができなかった場合

本税以外に延滞金がかかります。 ⇒詳しく見る

 

節税対策

大通りに面している評価の高い土地の文筆(登記・測量費用がかかる)、小規模住宅用地の特例を利用(アパートにするなど)、非課税資産の利用(学校を作るなど)など優遇措置を利用した節税対策があるにはありますが、実用性は乏しく基本的に節税は難しいと言わざるをえません。

 

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ