原則課税方式|TMK記帳代行サービス

原則課税方式

 

消費税の計算方法の一つで、もっとも一般的な計算方法です。
売上に係る消費税額から、仕入に係る消費税額を控除した残額を納付します。

 

計算方法

「消費税額」=「課税売上高」×5%−「課税仕入高」×5%
・平成26年4月以降分は5%を8%に置き換えてください。
・計算方法は意図的に簡略化してあります。厳密な計算方法はもっと細かいです。

 

(例)※見やすくするため消費税は5%で計算してあります。
売上1,050円(うち消費税50円)
仕入840円(うち消費税40円)
事業者の利益
売上1.050円−仕入840円=210円・・・@
このうち、納付する消費税額
売上に係る消費税額50円-仕入に係る消費税額40円=納付する消費税額10円・・・A
事業者の手元に残るお金は@−Aで200円

 

総評

消費税は事業者が負担する税金と勘違いされがちですが、上記の例を見て頂ければわかるように、事業者は預かった消費税を納付しているにすぎないので、損も得もしません。
消費税納付後に手元に残った200円が、純粋な利益です。
消費税を負担しているのは最終的に1,050円で商品を購入した消費者である事がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ