累進課税|TMK記帳代行サービス

累進課税

 

累進課税とは、課税標準額(その税金の計算の基となる金額)が高ければ高いほど税率も高くなるという課税方式を言います。

 

日本では所得税と贈与税がこれに該当します。

 

所得税を例にあげますと、所得が195万円以下の方の所得税率が5%なのに対し、所得が4,000万円を超える高額所得者の税率は45%と高くなります。

 

累進課税には所得格差を緩和するというメリットがありますが、経済力の低下(高額所得者のモチベーションの低下や海外移転)を招くという問題点もあります。

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ