有限会社|TMK記帳代行サービス

有限会社

 

有限会社とは、資本金300万円以上、従業員50名以下、取締役1名以上を条件に設立できる会社形態の一つです。

 

有限会社の廃止

新会社法(平成17年)の 施行 により有限会社が廃止、株式会社に統合され、現在は新たに有限会社を設立することはできなくなりました。
元々あった有限会社のうち株式会社に組織変更をしなかった会社は、「特例有限会社」という商号で今もなお残っています。
株式会社に統合はされたものの、役員登記がない、決算公告義務がないなど、有限会社のメリットは残されたままとなっています。

 

特例有限会社の信用

有限会社は、設立に資本金1,000万円以上が必要な株式会社よりも容易に設立できるので人気がありました。
しかし株式会社よりは信用が低いのも事実でした。
新会社法の施行により有限会社がなくなり、株式会社が1円で作れるようにになりました。
これにより株式会社よりも特例有限会社の方が資本金が高い可能性があり、かつ少なくとも10年近く前から存在している会社とのことで、株式会社に組織変更せず特例有限会社として残した方が社会的な信用を得られるケースもあるようです。

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ