借地権|TMK記帳代行サービス

借地権

 

借地権とは土地を借りる権利のことを言います。
土地の借地権を持っている人が、その上に建物を建てると、土地は他人のもの、建物は自分のものということになります。

 

 

所有者(貸主)のメリット

建物のような修繕がないため、特に何もせず安定した地代収入が入ります。
また税金面でもメリットがあります。

 

 

所有者(貸主)のデメリット

固定資産税は所有者(貸主)が負担します。
借地人を保護する観点から立ち退きをすることができないので、一度貸してしまうと長期間、自分で使用できません。

 

 

借地権の問題点

土地と上に立つ建物の所有者が違うことで、様々な問題が起こりやすいと言われています。
・売買問題(借主は土地を売ってほしい)
・建物売却問題(なぜ自分が建てた家なのに地主の許可がいるのか)
などです。
その多くは借地権を正しく理解できていないために起こるトラブルですので、貸主も借主もあらかじめ理解を深めておくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ