自己資本比率|TMK記帳代行サービス

自己資本比率

 

自己資本比率とは、自己資本÷総資産×100で算出される数値で、自己資本比率が高ければ高いほど、会社の安定度が高いといえます。

 

貸借対照表
上表でみると、資産とは他人資本と自己資本で成り立っています。
つまり、自己資本比率は、資産のうち自己資本の占める割合ということになります。
自己資本の占める割合が高ければ高いほど、他人に頼っていない、返済に追われていない、安定度が高い、ということになります。

 

国際基準では8%以上、国内基準では4%以上が求められていますが、これはかなり低い数字で、実際の平均は20%前後といわれています。
安心できる会社の基準は40%以上、この長引く不景気を乗り切れるのは50%以上必要だと言われています。

 

 

 
お問い合わせ

TMK記帳代行サービス TOPへ


TOP ご挨拶 料金表 お取引の流れ 記帳代行Q&A 事業者概要 お問い合わせ